Microsoft 365連携を使用する手順

Microsoft 365連携を使用する手順

質問ID:NEO-T0501
対象:V5.1以上

「Microsoft 365連携」は、Microsoft 365とのシングルサインオン(OAuth認証)およびOutlookの予定表とスケジュールを同期する連携機能です。


前提
1)ご利用のdesknet’s NEOのバージョンが「V5.1 R1.0」以上であること。
2022年11月30日までに「V7.0 R2.0」以上へのアップデートを行ってください。
※既にV7.0 R1.0以下のバージョンにてMicrosoft 365連携を使用している環境でV7.0 R2.0以降にアップデート(リビジョンアップ)する際の注意点はこちら

2)desknet’s NEOのサーバーがSSL( https://~ で始まるURL)に対応していること。
Microsoft Azureのアプリケーションの登録で、リダイレクト URLの指定が http:// で行えないため。

3)Microsoft 365のサービスをご利用中であること。
※「Microsoft 365 Business Premium」や 「Microsoft 365 E3」等、サービスに「Exchange」が含まれている必要があります。

4)desknet’s NEOのサーバーから以下のURLに対しアクセスが可能であること。(V5.1 R1.0 ~ V7.0 R1.0)
https://login.windows.net/~
https://outlook.office.com/~
※https通信の許可が必要です。

5)desknet’s NEOのサーバーから以下のURLに対しアクセスが可能であること。(V7.0 R2.0~)
https://graph.microsoft.com/~
https://login.microsoftonline.com/~
※https通信の許可が必要です。

6)管理者設定→基本設定→「ログイン方法設定」の「統合Windows認証によるログイン」およびSAML認証と併用いただくことはできません。Microsoft 365連携をご利用いただくには、desknet’s NEOのログイン画面下部の「Microsoft 365でログイン」を押下し、認証を行う必要があります。(※V7.0 R1.0までの制限となります)

7)Outlook「予定表」との同期に関する制限事項は、制限事項(Microsoft 365連携)をご確認ください。


管理者側による事前設定
1. 「Microsoft 365」の設定を行うためのメニューを追加します。

※追加した「Microsoft 365連携」のオプションメニューを、ご利用状況に合わせて、メニューコンテンツやパレットメニューに追加してください。追加の方法は「作成したオプションメニューを表示させる方法」をご参照ください。
※クラウド版をご利用のお客様は「1. オプションメニューを追加する」のURLに「お使いのサーバーがLinuxの場合」の値を入力してください。

2. 上記1.で作成しパレットメニュー等に追加した「Microsoft 365連携設定」のメニューを押下し、Microsoft 365との連携設定を行います。

- 初期設定
Microsoft 365連携を行うための初期設定や、Microsoft Azureへの設定追加などを行います。 まずはこちらの画面の内容に沿って設定を行ってください。
- 共通設定
Microsoft 365連携を使用するうえで、動作に関する共通の設定を行います。
- ユーザー情報連携設定
ユーザー毎のMicrosoft 365連携の設定などを行います。
- 設備情報連携設定
設備情報毎のMicrosoft 365連携の設定などを行います。


利用者側の操作手順
1. 必要に応じて、「スケジュール」データとMicrosoft 365の「予定表」のデータを同期するための設定を行います。Microsoft 365連携を使用する各ユーザーにて、パレットメニュー等に追加された「Microsoft 365連携個人設定」メニューを開き、設定します。

※システム管理者にて、[Microsoft 365連携設定(システム管理)]のユーザー情報連携設定を実施済みの場合、ユーザー毎の作業は不要です。

2. ログイン中の場合は一度ログアウトをし、再度desknet’s NEOにアクセスし、desknet’s NEOのログイン画面の「Microsoft 365でログイン」を押下してログインし、スケジュールにて予定の登録・追加・削除および「OutLook「予定表」と同期」をクリックします。これでスケジュールの同期が行えます。

※Microsoft 365連携は、ログイン画面の「Microsoft 365でログイン」からログインした場合のみご利用いただけます。(※V7.0 R1.0まで)
※自動で同期を行う場合は、定期的に「Microsoft 365でログイン」からログインする必要があります。(※V7.0 R1.0まで)

3. Microsoft 365連携使用前の初期設定方法でMicrosoft 365関連のメニューを追加いただくことで、desknet’s NEO上のメニュー等に配置された「Outlook」や「Word Online」をクリックすると、各機能にアクセスできます。
※desknet’s NEOのログイン画面の「Microsoft 365でログイン」よりログインいただくことが前提です。


Outlook側の設定

desknet’s NEOのスケジュールと、Microsoft 365のOutlook予定表を同期するには、Outlook側の設定でユーザーに対し、「編集が可能」のアクセス権が必要です。Outlook側にて権限設定を行ってください。 (※本設定は、V7.0 R2.0以上より不要となりました。)